相続放棄の申立

 

相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄手続。

 

1 相続放棄の申立とは?

 

相続が開始した場合,相続人は次の三つのうちのいずれかを選択できます。

 

@相続人が被相続人(亡くなった人)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認,

 

A相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄又は

 

B被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認。

 

相続人が,Aの相続放棄又はBの限定承認をするには,家裁判所にその旨の申述をしなければなりません。

 

ここでは,Aの相続放棄について説明します。

 

2 相続放棄の申立人

 

相続人(相続人が未成年者(成年被後見人)である場合には,その法定代理人が代理して申述します。)未成年者と法定代理人が共同相続人であって未成年者のみが申述するとき(法定代理人が先に申述している場合を除く。)又は複数の未成年者の法定代理人が一部の未成年者を代理して申述するときには,当該未成年者について特別代理人の選任が必要です。

 

3 相続放棄の申述期間

 

申述は,民法により自己のために相続の開始を知ったときから3か月以内にしなければならないと定められています。

 

4 申立先

 

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所

 

5 申立てに必要な費用

 

申立人(申述人)1人につき収入印紙600円
連絡用の郵便切手

 

6 申立てに必要な書類

 

ア 申立書1通
イ 申立人(申述人)の戸籍謄本1通
ウ 被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通

 

7 その他

 

相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお,相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には,申立てにより,家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。

 

 

 
 

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

 面談による無料相談

面談でのご相談は、予約制となっています。
事前にお電話にてご予約ください。

 

予約ダイヤル

03−5637−6691

※ご予約のお電話は平日の午前9時〜午後6時に承っております。

 

みなみ司法書士合同事務所
東京都墨田区錦糸四丁目14番4号2階
JR錦糸町駅徒歩2分

 

 

 

 
トップへ戻る