孤独死の相続について(総合)

孤独死の相続について(総合)記事一覧

 孤独死の苦情対応から、相続手続、孤独死が発生した不動産の売却まで、経験豊富な司法書士がしっかりとサポートします。お困りの方はお気軽にご相談ください。近年、一人暮らしの高齢者が誰にも看取られる事なく、突発的な疾病によって死亡する、いわゆる孤独死が増えています。一人暮らしの方が亡くなると、その方の財産や債務の内容、遺言の有無など不明な点が多く、相続手続が困難になるケースも多く見受けられます。当事務所...

もしもひとり暮らしの親や叔父などの親族が「孤独死」してしまったら、どのように後始末をすればよいのでしょうか?賃貸住宅であれば大家と話し合って家賃や原状回復費用などを清算する必要もあります。遺産の整理もしなければなりません。今回は相続人様向けに孤独死の後始末の流れや方法を解説します。

孤独死が起こった不動産を賃貸したり売却したりするとき、取引相手に孤独死を「告知」しなければならないのでしょうか?法律上「告知義務」が認められるケースもあるので注意が必要です。今回は孤独死の告知義務がどのような場合に発生するのか、告知しなかったらどのようなリスクが及ぶのかみてみましょう。孤独死が起こった物件を相続された方はぜひ参考にしてみてください。

近年「孤独死」する方が増加傾向にあるといわれています。万一そうなってしまったら、後相続人や周囲の方に迷惑をかけてしまうでしょう。孤独死を防ぐにはどうすればよいのでしょうか?今回は孤独死を防止するための8つの効果的な対処方法を専門家が解説しますので、不安を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

トップへ戻る