数次相続控除

数次相続控除

 

相次相続控除とは?

 

相続により財産を取得した人が相続税を払い(第1次相続)、その後10年以内に第1次相続人が死亡してさらに相続が開始し(第2次相続)、その第2次相続人が相続によって財産を取得した場合、最初の相続から次の相続までの期間に応じて、一定の相続税が控除されます。

 

※相続には、被相続人から相続人に対する遺贈を含みます。相続人以外の者に対する遺贈または包括遺贈は除きます。

 

 

相次相続控除の控除額

 

例として、父が死亡して子Aが3億円相続、相続税8000万円(第1次相続)。
5年後に子Aが死亡して、Aの子Bが4億円相続し、Aの知人Cが遺贈により1億円取得した場合(第2次相続)。

 

数次相続控除1

 

よって、相続人Bは、相続税額から3200万円が控除されます。受遺者Cは、相続人ではないので控除されません。

 

 

相次相続控除の計算式

 

数次相続控除2

 

A:第2次相続の被相続人が、第1次相続につき課せられた相続税の額。

 

B:第2次相続の被相続人が、第1次相続により取得した財産の額。
  ※課税価格に算入された額に限る。

 

C:第2次相続の全ての財産の額(相続人以外の者への遺贈を含む)。
  ※課税価格に算入された額に限る。

 

D:第2次相続の財産の内、相続人が取得した財産の額(相続人以外の者への遺贈を除く)。
  ※課税価格に算入された額に限る。

 

E:第1次相続開始の時から第2次相続開始の時までの期間に相当する年数。
  ※1年未満切捨て。

 

ご相談は無料です。お気軽にご相談ください。

 面談による無料相談

面談でのご相談は、予約制となっています。
事前にお電話にてご予約ください。

 

予約ダイヤル
03−5637−6691
※ご予約のお電話は平日の午前9時〜午後6時に承っております。

 

みなみ司法書士合同事務所
東京都墨田区錦糸四丁目14番4号2階
JR錦糸町駅徒歩2分

 

 

 

 
トップへ戻る