>嫡出否認





嫡出否認

自分の子供であることの否認を求める嫡出否認の調停手続。




1 嫡出否認とは?

 婚姻中又は離婚後300日以内に生まれた子供は,婚姻中の夫婦間にできた子(嫡出子)
と推定されるため,仮に他の男性との間に生まれた子供であっても出生届を提出すると夫
婦の子供として戸籍に入籍することになります。
 この夫婦の子供であるとの推定を否定するためには,家庭裁判所に対して原則として,
夫からその子供が自分の子供であることの否認を求める嫡出否認の調停を申し立てること
が必要になります。なお,親子関係不存在確認についても参照してください。
 この調停において,当事者双方の間で,子供が夫の子供ではないという合意ができ,家
庭裁判所が必要な事実の調査等を行った上で,その合意が正当であると認めれば,合意に
従った審判がなされます。



2 嫡出否認の調停の申立人

 ア 夫
 イ 夫の成年後見人,後見監督人
 ウ その子のために相続権を害される者その他夫の三親等内の血族(夫が子の出生前又
   は否認の訴えを提起できる期間内に死亡したとき)



3 嫡出否認の調停の申立先

 相手方(子又は親権を行う母)の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁
判所



4 申立てに必要な費用

 収入印紙900円,連絡用の郵便切手(後日,鑑定料が必要になる場合があります。)



5 申立てに必要な書類

 ア 申立書1通
 イ 申立人,相手方(子を相手方とするときはその代理人)の戸籍謄本,子の出生証明
   書各1通



6 その他

 親子の関係がないことを明らかにするために,血液鑑定等を行う場合もあります。この
場合,申立人にこの鑑定に要する費用を負担してもらうことになります。






相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 嫡出否認















 相続不動産の売却

 ホーム・新着情報







 相続の主な裁判手続


後見開始の審判


保佐開始の審判


補助開始の審判


不在者財産管理人選任


失踪宣告


養子縁組


特別養子縁組


死後離縁


特別代理人の選任


未成年後見人の選任


相続放棄の申立


限定承認の申立


相続財産管理人の選任


特別縁故者の財産分与


遺言書の検認


遺言執行者の選任


戸籍訂正


任意後見監督人の選任


遺産分割調停


遺留分減殺の返還請求


嫡出否認


親子関係不存在確認



 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。




 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。