法定相続分
遺言がない場合の法定相続分


 遺言がない場合、民法では誰が相続人となるのかを規定していますが、さらに各相続人
が受け継げる相続分についても規定しています。これを『法定相続分(ほうていそうぞく
ぶん)』といいます。



法定相続分の割合



●「配偶者」のみが相続人の場合・・配偶者が全部


               ※被相続人に子(直系卑属含む)、直系尊属、兄弟姉妹
               (甥姪含む)がいない、または相続開始前に全員死亡し
                ている場合は、配偶者が全ての相続分を取得します。



●「配偶者」と「子」が相続人の場合・・配偶者が2分の1、子が2分の1


               ※子が複数いる場合は、子はそれぞれ均等の相続分を有
                します。(2分の1÷子の数)

               注意:非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の半分とす
                  る民法の規定は、平成25年9月4日最高裁判決
                  により違憲と判断されました。
                  上記判決の結果として、非嫡出子・嫡出子とも
                  相続分は均等(同じ)となりました。

               ※被相続人に配偶者がいない、または相続開始前に全員
                死亡している場合は、子が全ての相続分を取得しま
                す。

               ※昭和23年1月1日〜昭和55年12月31日に開始した相続に
                おける各相続分は、配偶者3分の1、子3分の2とな
                ります。



●「配偶者」と「直系尊属」が相続人の場合・・配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1


               ※同順位の直系尊属が複数いる場合には、それぞれ均等
                の相続分を有します。

               ※被相続人に配偶者と子(直系卑属含む)がいない、ま
                たは相続開始前に全員死亡している場合は、直系尊属
                が全ての相続分を取得します。

               ※昭和23年1月1日〜昭和55年12月31日に開始した相続に
                おける各相続分は、配偶者2分の1、直系尊属2分の
                1となります。



●「配偶者」と「兄弟姉妹」が相続人の場合・・配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1


               ※兄弟姉妹が複数いる場合には、原則として均等の相続
                分を有します。

                例外:父母を同じくする兄弟(全血兄弟)と一方を同
                   じくする兄弟(半血兄弟)がいる場合、半血兄
                   弟の相続分は全血兄弟の相続分の半分になりま
                   す。

               ※被相続人に配偶者・子(直系卑属含む)・直系尊属が
                いない、または相続開始前に全員死亡している場合
                は、兄弟姉妹が全ての相続分を取得します。

               ※昭和23年1月1日〜昭和55年12月31日までに開始した相
                続における各相続分は配偶者3分の2、兄弟姉妹3分
                の1となります。



●法定相続分の具体例(図解)




1.配偶者と子が相続する場合の法定相続分。



※配偶者は2分の1
※子は各2分の1×2分の1=各4分の1







2.配偶者と父母(直系尊属)が相続する場合の法定相続分。





※配偶者は3分の2
※父母は各3分の1×2分の1=各6分の1
※この場合、兄弟姉妹に相続権はない。
※配偶者が死亡していれば父母は各2分の1ずつ相続する。







3.配偶者と兄弟姉妹が相続した場合の法定相続分。





※配偶者は4分の3
※兄弟姉妹は各4分の1×2分の1=各8分の1
※配偶者が死亡していれば各2分の1ずつ相続する。







4.内縁の妻と子がいる場合の法定相続分。





※内縁の妻は相続人とならない。
※子は2分の1ずつ相続する。







5.子の一人が相続開始前に死亡しており、孫がいた場合の法定相続分。





※配偶者は2分の1。
※子は各2分の1×3分の1=各6分の1
※死亡した子に子(孫)がいれば、その孫が子に代わって相続する(代襲相続)。







6.子の一人が相続放棄をした場合の法定相続分。





※配偶者は2分の1
※子は長女が相続放棄をしたため相続人とならない結果、
 2分の1×2分の1=各4分の1
※この場合、孫は代襲相続人とはならない。







●遺産が3000万円の場合の計算例


 配偶者と子が相続人の場合   → 配偶者1500万円・子1500万円

 配偶者と父母が相続人の場合  → 配偶者2000万円・父母1000万円

 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合→ 配偶者2250万円・兄弟750万円





相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。




















みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 法定相続分


















相続専門家ネットワ-ク

相続不動産の評価

代表者ごあいさつ

小規模宅地の特例

相続税の増税改正

孤独死の相続手続

 ホーム・新着情報

 相続不動産の売却




 (みなみ司法書士合同事務所)


相続の基礎知識

法定相続人

法定相続分

遺留分とは

遺産分割の方法

相続税の基礎控除

相続税の計算方法

特別受益とは

寄与分とは

自筆証書遺言の作成

公正証書遺言の作成

相続放棄とは

限定承認とは

遺言執行者の指定

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

遺言の法的効力

遺言で効力がある事項

相続とは?

相続の対象財産

遺言の種類

遺言の取消し方

相続法律相談のご案内

筆跡鑑定のご案内

相続登記の費用

死亡による諸手続

死亡診断書の作成

死亡届

通夜・葬儀の流れ

生命保険金の請求

準確定申告

年金・埋葬料の請求

相続の名義変更・届出

江東区の相続手続相談


裁判手続と法律

相続に関する主な裁判

全国の公証人役場

全国の家庭裁判所

民法 親族編

民法 相続編

墨田区の相続無料相談

相続の最新情報