トップページへ



遺言で効力が生じる事項


 遺言は、遺言者の最終意思の死後の実現を、法的に保障する制度です。そのため、どの
ような内容の遺言でも法的な効力が生ずるわけではなく、遺言をすることによって効力が
発生する事項は、法律で決められている事項に限られます。
 また、上記の法律で決められている事項は、生前に遺言以外によってもできるものと、
遺言によってのみできるものとに分けることができます。

「遺訓」について
「子供達で母親の面倒を見るように」「家族仲良く暮らしていくように」などどいう遺
訓は、法律上の効力は持ちません。しかし、遺言に何を書くかは遺言者の自由であり、法
的に効力のない事項を書いたからといって遺言そのものが無効となるわけではありませ
ん。
 遺言者が家族等へ思いを伝えることにより、相続人間の感情に起因する争いを未然に防
いだり、各相続人が遺言者の最終意思として重く受けとめ実行しようと努力してくれるこ
とも期待できます。ですから、このような遺言者の思いを伝える「遺訓」も積極的に遺言
したほうが良いと思います。



遺言書に書くことにより法律上の効力が認められる主な事項



1.遺贈



2.相続分の指定、指定の委託



3.財団法人設立の寄付行為



4.子の認知



5.後見人及び後見監督人の指定



6.相続人の廃除、排除の取消し



7.遺産分割の指定、指定の委託



8.遺産分割の禁止(死後5年以内が限度)



9.相続人相互の担保責任の指定



10.遺言執行者の指定、指定の委託



11.遺留分減殺方法の指定



12.特別受益者に対する持戻しの免除



13.生命保険金受取人の指定、変更



14.信託の設定



15.祭祀承継者の指定









●判 例


 最判昭58・3・18
 多数の条項からなる遺言書の中からその特定の条項を解釈するにあたっても、当該条
 項のみ切り離して形式的に解釈するだけでは十分ではなく、遺言書の全記載との関連、
 作成当時の事情および受遺者の置かれていた状況などを考慮して、その真意を探求し
 当該条項の趣旨を確定すべきである。





相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。















みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 遺言で効力が生じる事項























遺産相続の手続

専門家ネットワ-ク

相続不動産の評価

小規模宅地の特例

相続税の増税改正

孤独死の相続手続

相続不動産の売却

知っておきたい
相続の基礎知識

法定相続人

法定相続分

遺留分とは

遺産分割の方法

相続税の基礎控除

相続税の計算方法

特別受益とは

寄与分とは

自筆証書遺言の作成

公正証書遺言の作成

相続放棄とは

限定承認とは

遺言執行者の指定

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

遺言の法的効力

遺言で効力がある事項

相続とは?

相続の対象財産

遺言の種類

遺言の取消し方

相続法律相談のご案内

筆跡鑑定のご案内

相続不動産の名義変更

換価分割と登記手続

相続と空き家の注意点

相続税の配偶者控除

死亡による諸手続

死亡診断書の作成

死亡届

通夜・葬儀の流れ

生命保険金の請求

準確定申告

年金・埋葬料の請求

相続の名義変更・届出

江東区の相続手続相談


裁判手続と法律

相続に関する主な裁判

全国の公証人役場

全国の家庭裁判所

民法 親族編

民法 相続編

墨田区の相続無料相談

相続の最新情報

タワーマンションと節税

居住用財産の3000万控除

相続に関する法律の改正

みなみ司法書士合同事務所

法定相続情報証明制度