トップページへ



遺言の種類 


 遺言には、大きく分けて『普通方式』と『特別方式』という二つの形式があります。

 特別方式の遺言は、遺言者が危篤状態であったり、船舶で航行中といったごく限られ
た状態である場合のものであり通常に使用する方式ではありません。

 普通方式の遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の三種類がありま
す。通常作成されている遺言のほとんどが、自筆証書遺言または公正証書遺言のどちら
かです。



●普通方式の遺言  




自筆証書遺言・・・遺言者が全文自筆・証人不要。

         ※遺言者本人が自筆で書き、押印するだけで作成できる、最も簡単
          な遺言です。しかし、その反面、偽造、変造、隠匿や、本当に遺
          言者の筆跡なのか争いになる、といった問題が生じる場合があり
          ます。さらに、形式不備や、記載された文字が不明確、記載され
          た財産が特定できないなどの理由によりせっかくの遺言が無効と
          なる危険もあり、実際にそのような問題も多く発生しています。




公正証書遺言・・・公証人が作成(口述筆記)・証人2人以上。

         ※公証役場において公証人が口述筆記で作成します。作成された遺
          言書は公証人役場の金庫に保管されるので偽造変造、隠匿の心配
          はありません。しかし、証人が2人以上必要となるため、一般の
          人が証人となった場合に遺言の存在や内容が外部に漏れるおそれ
          があります。
         ※弁護士や司法書士が証人となった場合には、職務上の守秘義務が
          あるため、外部に秘密が漏れる心配はありません。




秘密証書遺言・・・本人又は代筆、ワープロ、タイプライターにより作成・公
          証人1人、証人2人以上。

         ※遺言の内容を秘密にしておける遺言です。公証人1人と証人2人
          以上の前に封書を提出して、自己が遺言者であることを申述しま
          す。




死亡危急時遺言・・証人のうちの1人が作成(口述筆記)・証人3人以上。

         ※病気や事故などで死期が迫っており、自筆証書遺言等をすること
          ができない人が、口頭ですることができる遺言です。
          この死亡危急時遺言は、遺言作成の日から「20日以内」に家庭
          裁判所で確認を受けなければ効力がなくなります。
           さらに、作成後に遺言者が回復するなどして、自筆証書遺言や
          公正証書遺言などを作成することができる状態になってから
          「6ヶ月間」生存したときは、その危急時遺言は効力がなくなり
          ます。






相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。















みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 遺言の種類





















孤独死の相続手続

換価分割と登記手続



相続不動産の評価

小規模宅地の特例


遺産相続の手続

専門家ネットワ-ク



相続不動産の売却

相続税の増税改正



相続の基礎知識

法定相続人

法定相続分

遺留分とは

遺産分割の方法

相続税の基礎控除

相続税の計算方法

特別受益とは

寄与分とは

自筆証書遺言の作成

公正証書遺言の作成

相続放棄とは

限定承認とは

遺言執行者の指定

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

遺言の法的効力

遺言で効力がある事項

相続とは?

相続の対象財産

遺言の種類

遺言の取消し方

相続法律相談のご案内

筆跡鑑定のご案内

相続不動産の名義変更

換価分割と登記手続

相続と空き家の注意点

相続税の配偶者控除

死亡による諸手続

死亡診断書の作成

死亡届

通夜・葬儀の流れ

生命保険金の請求

準確定申告

年金・埋葬料の請求

相続の名義変更・届出

江東区の相続手続相談


裁判手続と法律

相続に関する主な裁判

全国の公証人役場

全国の家庭裁判所

民法 親族編

民法 相続編

墨田区の相続無料相談

相続の最新情報

タワーマンションと節税

居住用財産の3000万控除

相続に関する法律の改正

みなみ司法書士合同事務所

法定相続情報証明制度


 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。



 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 おき、おもに墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。