トップページへ



相続税の計算方法


 相続税額を算出するための計算方法は次のとおりです。


相続税の計算方法1

   まず、各相続財産の評価額を合計します。それに生命保険金、相続開始前3年以
  内の贈与財産、相続時精算課税制度の適用財産をプラスし、そこから、相続債務、
  葬式費用、非課税財産の額をマイナスします。
  これが、課税価格となります。

  ※一定の要件のもと、財産の評価が減額となる特例があります。
   小規模宅地の評価減
   生命保険
   退職金の基礎控除など



相続税の計算方法2

   次に、課税価格から基礎控除額を差し引きます。この差し引いた額が、相続税が
  課される課税遺産額となります。
  
  この時点でマイナスになる場合(課税価格より基礎控除額のほうが大きい場合)
  は、相続税はかかりません。



相続税の計算方法3

   課税遺産の総額を、各法定相続人が法定相続分に応じて取得したものとみなして、
  各法定相続人の相続税額を計算します。
  この各相続人の相続税額の合計が相続税の総額となります。



(平成27年1月1日〜)
相続税の速算表
各人の法定相続分税率控除額
1000万円以下10%0万円
1000万円超〜
3000万円以下
15%50万円
3000万円超〜
5000万円以下
20%200万円
5000万円超〜
1億円以下
30%700万円
1億円超〜
2億円以下
40%1700万円
2億円超〜
3億円以下
45%2700万円
3億円超〜
6億円以下
50%4200万円
6億円超〜55%7200%




相続税の計算方法4

   最後に、相続税の総額の内、実際に財産を取得した相続人や受遺者(遺言で財産
  をもらった人)が、取得した割合に応じて相続税を負担することになります。
  この際、被相続人の配偶者や未成年者などは、一定の税額控除があります。



  ※相続、遺贈や相続時精算課税による贈与によって財産を取得した人が、被相続人
   の一親等の血族(代襲相続人を含む)及び配偶者以外の者である場合には、その
   人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されます。

   また、被相続人の養子となっている被相続人の孫は、代襲相続人である場合を除
   き、2割加算の対象となります。



 (相続税の計算の流れ)





 注:平成27年1月1日より、基礎控除の額は下記のとおりとなります。
   3000万円+(法定相続人×600万円)




相続税の計算方法 具体例その1



相続人  配偶者と子供3人
遺産   土地 評価額4000万円
     預金     500万円
借金          300万円
葬式費用        300万円


@ 課税価格(まず、課税価格を計算します。)

 土地(4000万円)+預金(500万円)−借金(300万円)−葬式費用
 (300万円)=3900万円


A 基礎控除(次に基礎控除額を計算します。)

 3000万円+(法定相続人4人×600万円)=5400万円


B 課税遺産の総額(次に課税遺産の総額を出します。)

  課税価格3900万円ー基礎控除5400万円=課税遺産総額1500万円

  このケースでは、課税遺産総額がマイナスになるので、相続税はかかりません。





相続税の計算方法 具体例その2



相続人  配偶者と子供3人
遺産   土地 評価額 3億9000円(小規模宅地の適用はないものとします)
     預金     8000万円
借金          1700万円
葬式費用         300万円


@ 課税価格(まず、課税価格を計算します。)

 土地(3億9000万円)+預金(8000万円)−借金(1700万円)−葬式費
 用(300万円)=4億5000万円


A 基礎控除(次に基礎控除額を計算します。)

 3000万円+(法定相続人4人×600万円)=5400万円


B 課税遺産の総額(次に課税遺産の総額を出します。)

 課税価格4億5000万円ー基礎控除5400万円=課税遺産総額3億9600万円


C 相続税の総額(課税遺産の総額を各法定相続人の法定相続分に分割し、各人の税額
  を算出し、その額を合計します。)

(平成27年1月1日〜)
相続税の速算表
各人の法定相続分税率控除額
1000万円以下10%0万円
1000万円超〜
3000万円以下
15%50万円
3000万円超〜
5000万円以下
20%200万円
5000万円超〜
1億円以下
30%700万円
1億円超〜
2億円以下
40%1700万円
2億円超〜
3億円以下
45%2700万円
3億円超〜
6億円以下
50%4200万円
6億円超〜55%7200%



  配偶者 3億9600万円×2分の1=1億9800万円
      1億9800万円×40%−1700万円=6220万円

    子A 3億9600万円×6分の1=6600万円
      6600万円×30%−700万円=1280万円

    子B 3億9600万円×6分の1=66000万円 
      6600万円×30%−700万円=1280万円

    子C 3億6000万円×6分の1=6600万円 
      6600万円×30%−700万円=1280万円

    6220万円+1280万円+1280万円+1280万円=1億60万円



D 各人の相続税額
  実際に財産を取得した人が、取得した割合に応じて相続税を負担します。この際
  被相続人の配偶者や未成年者などは、一定の控除があります。

  実際の分割内容が、妻2分の1、子A4分の1、子B4分の1、子Cゼロの割合で
  あったとすると



  配偶者の相続税額
  1億60万円×2分の1=5040万円(配偶者の税額控除により相続税ゼロ

  ※配偶者には、税額軽減規定があり、配偶者が取得した財産が、1億6000万円
   以下か、又は配偶者の法定相続分以下の場合には、課税されません。

  子Aの相続税額
  1億60万円×4分の1=2515万円

  子Bの相続税額
  1億60万円×4分の1=2515万円

  子Cの相続税額
  1億60万円×ゼロ  =    0円





相続税率の改正のお知らせ!

 平成25年度税制改正法案が3月4日に国会に提出され、3月29日に可決成立したこ
とに伴い、相続税率が以下のとおり変更されます。


1.相続税率の引き上げ
  ※平成27年1月1日以後の相続より適用

  改正後
        〜1000万円・・・10%
  1000万円〜3000万円・・・15%
  3000万円〜5000万円・・・20%
  5000万円〜   1億円・・・30%
     1億円〜   2億円・・・40%
     2億円〜   3億円・・・45%(5%UP)
     3億円〜   6億円・・・50%
     6億円〜      ・・・55%(5%UP)




相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。















相続手続サポート
みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

「免責事項」当ホームページ上の情報の内容に関しては万全を期し
ておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものでは
ありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情
報提供者は一切の責任を負いかねます。

page 相続税の計算方法





















孤独死の相続手続

換価分割と登記手続



相続不動産の評価

小規模宅地の特例


遺産相続の手続

専門家ネットワ-ク



相続不動産の売却

相続税の増税改正



相続の基礎知識

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

相続税の控除規定

相続税の配偶者控除

未成年者の税額の控除

障害者の税額の控除

相次相続控除


小規模宅地の特例

居住用宅地の特例

事業用宅地の特例

同族会社の事業用宅地

貸付事業用宅地の特例


納税対策

延納の要件

物納の要件

生命保険金の非課税額

居住用財産の3000万控除

法定相続情報証明制度



 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。




 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。