トップページへ



相続とは?



 相続とは、亡くなった人の財産上の地位を、家族などの相続人が受け継ぐことをいい
ます。
 亡くなった人を「被相続人(ひそうぞくにん)」、財産を受け継ぐ人を「相続人」と
いいます。




法  令


民法882条
1 相続は、死亡によって開始する。


第883条
1 相続は、被相続人の住所において開始する。


第884条
1 相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知っ
  た時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から二十
  年を経過したときも、同様とする。


第885条
1 相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する。ただし、相続人の過失によ
  るものは、この限りでない。
2 前項の費用は、遺留分権利者が贈与の減殺によって得た財産をもって支弁すること
  を要しない。


第896条
1 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。
  ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。


第897条
1 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭
  祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰
  すべき者があるときは、その者が承継する。
2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、
  家庭裁判所が定める。


第898条
1 相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。


第897条
1 各共同相続人は、その相続分に応じて被相続人の権利義務を承継する。


民法30条
1 不在者の生死が7年間わからないときは、家庭裁判所は利害関係人の請求により、
  失踪の宣告を為すことができる。
2 戦地に行った者、沈没した船にいた者、生命の危険を伴う災難に遭った者の生死が
  戦争終了後、沈没後、災難が去った後、1年間不明なときは、前項と同様の措置を
  とることができる。


民法31条
1 前条第1項の規定により失踪の宣告を受けた者は、失踪から7年目に死亡したもの
  とみなし、前条第2項の規定により失踪の宣告を受けた者は、危難が去ったときに
  死亡したものとみなす。





相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。















みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                            page 相続とは?























遺産相続の手続

専門家ネットワ-ク

相続不動産の評価

小規模宅地の特例

相続税の増税改正

孤独死の相続手続

相続不動産の売却

知っておきたい
相続の基礎知識

法定相続人

法定相続分

遺留分とは

遺産分割の方法

相続税の基礎控除

相続税の計算方法

特別受益とは

寄与分とは

自筆証書遺言の作成

公正証書遺言の作成

相続放棄とは

限定承認とは

遺言執行者の指定

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

遺言の法的効力

遺言で効力がある事項

相続とは?

相続の対象財産

遺言の種類

遺言の取消し方

相続法律相談のご案内

筆跡鑑定のご案内

相続不動産の名義変更

換価分割と登記手続

相続と空き家の注意点

相続税の配偶者控除

死亡による諸手続

死亡診断書の作成

死亡届

通夜・葬儀の流れ

生命保険金の請求

準確定申告

年金・埋葬料の請求

相続の名義変更・届出

江東区の相続手続相談


裁判手続と法律

相続に関する主な裁判

全国の公証人役場

全国の家庭裁判所

民法 親族編

民法 相続編

墨田区の相続無料相談

相続の最新情報

タワーマンションと節税

居住用財産の3000万控除

相続に関する法律の改正

みなみ司法書士合同事務所

法定相続情報証明制度

 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。



 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。