トップページへ



 筆跡鑑定人 根本 寛先生のご紹介!!



筆跡鑑定のご案内とアドバイス!!



 筆跡鑑定人 根本 寛


◆一般の方、法律事務所、調査会社、裁判所、警視庁などのご依頼により筆跡鑑定を
 行っております。お気軽にお問い合わせください(秘密厳守)


◆自筆遺言書に疑問があったり、不幸にしてご家族で意見が対立したりしているときは
 早く専門家の鑑定を受け、混乱を早く解決することが禍根を残さない良策です。ご協
 力し喜んでいただいております。


◆「真実性の原則」、「科学性の原則」、「明快性の原則」を方針に、誰にもわかりや
 すく納得性のある高品質の鑑定書を作成いたします。




1.筆跡鑑定の種類  (費用は目安です。正しくはお見積もりいたします)


電話相談
 筆跡鑑定の内容や可能性、日数、費用、その他のご質問などは随時お受け(無料)して
 おります。お悩やみになっていないでお気軽にお問い合わせください。休日、夜間で
 もかまいません。相談は無料です。


事前調査
 資料をお送りいただいて、筆跡鑑定結果の方向、判定のレベル、日数、費(無料)用な
 どをお見積もりいたします。
 無料ですが筆跡鑑定書作成に進まない場合は事前調査料金として3万円のご負担を
  お願いします。


簡易鑑定
 裁判資料としては使わないケースについて、筆跡鑑定書の内容を少し簡単にした鑑定
 書です。その分費用が安くなります。費用5〜15万円。納期15日程度(当方は鑑
 定結果の根拠も示しますが、簡易鑑定の場合は一切根拠は示さないという鑑定人もお
 りまいからご注意ください)


本鑑定
 裁判資料として使える筆跡鑑定書です。費用20〜50万円、納期は30日程度です。
 
 (遺言書の筆跡鑑定の世間相場は40万円〜50万円です)



2.ご依頼の方法


 1.お客様……郵送、宅配便、ご持参などにより鑑定資料を当方へお届けください。
          判らないことは、何でもお問い合せください。



 2.当 方……事前調査。筆跡鑑定結果の方向、判定レベル、費用などをご返事しま
        す。
        判定レベルとは「断定」「可能性が高い」「可能性あり」などの判
         定の程度のことです。



 3.お客様……筆跡鑑定書作成のご依頼と着手金として半金の銀行振り込みを願い
        ます。
        ご都合により鑑定書作成に進まない場合は、事前調査料金3万円の
         ご負をお願いします。 



 4.当 方……筆跡鑑定書を作成し、お預かり資料、請求書などと一緒にお届けしま
        す。
        日数は本鑑定書で30日程度、簡易鑑定で15日程度ですが、お急
         ぎの場合はご相談ください。 



 5.お客様……筆跡鑑定料金の残金をお支払い頂いて終了となります。
        筆跡鑑定書についてのご質問などはご遠慮なくお聞きください。ま
         た、必要に応じ法廷証人を引き受けます。



3.筆跡鑑定料金について


 料金については、20〜50万円といった表示をしております。これは、たとえば同
じ遺言書の鑑定であっても、証明が難しく鑑定書のボリュームも大きくなり日数が多く
かかるものもあれば、比較的簡単なものもあるということから違いがでるものです。
したがって、正しくは資料を拝見した上でお見積もりをいたします。



4.事前調査について 



 事前調査とは、筆跡鑑定に先立ち、第一に「鑑定結果の方向」、第二に、「鑑定結果
は『断定』なのか、『可能性大』なのか、『可能性あり』なのかといった判定レベルの
面」の二点を調査し、筆跡鑑定に要する日数をベースに料金の見積りをすることです。


 この事前調査は、仮に現状は「簡易鑑定」のご予定であっても、将来「本鑑定」の可
能性もないとは言えないわけで、その場合結論が揺らぐようでは依頼者は困ります。し
たがって、簡易鑑定であっても、本鑑定と変わらないエネルギーと時間を投じて調査を
いたします。そのため、鑑定に進まない場合は「事前調査料金」として3万円を頂いて
おります。(鑑定書作成に進む場合は事前調査料金は不要です)

 この「事前調査」と同じことを「簡易鑑定」として、もっと高額の料金で行っている
鑑定人もおりますので、ご依頼の際はよくご確認のうえお進めください。
 なお、簡易鑑定の後に本鑑定書を作成する場合は、本鑑定料金から簡易鑑定料金を差
し引き、差額のみのご負担になります。



5.筆跡鑑定についてのアドバイス


● 鑑定書や簡易鑑定書は一定の定まった形式があるわけではありません。ですから、
  その形式は鑑定人によって異なります。鑑定書は真実を見抜くと同時に関係者への
  説得力が大切ですが、その点で、たとえば説明と図解が離れて綴じられ分かりにく
  い鑑定書を見ることが少なくありません。私は一文字については出来るだけ1ペー
  ジに説明と図解をセットにして記述し、分かりやすく説得力のある筆跡鑑定書を目
  指しております。


● 筆跡鑑定は本人のものと分かっている対照資料が必要になりますが、それは次のよ
  うなものが望ましいのです(この条件を満たしていないと筆跡鑑定ができないとい
  うことではありません)
 @ 手紙で消印があるものとか、契約書だとか、本人であることの疑問が無く日付も
   わかるもの。
 A 対照資料は、一つよりも三〜四あるほうが、証明力が強くなります。
 B 筆跡鑑定は原則として「同一文字」「同一書体(楷書、行書など)」で調査します
   が、対象文字がない場合は、「偏」や「つくり」等の部分でも調査が可能です。
 C 資料はすべて現物が望ましいのですが、コピーならば出来るだけ鮮明なものをお
   貸しください。


● 筆跡は文字を書くという行動の結果残された「行動の痕跡」です。行動には必ずそ
  の人特有のパターンがあるように、筆跡にも長年かかって習慣化したその人特有の
  癖(固有筆癖)があります。固有筆癖は、本人も気がつかないような非常に微細な部
  分を含んでいますので、他人の字を偽筆してもプロの目を欺くことはできないので
  す。




筆跡鑑定人  根 本  寛
筆跡学、筆跡心理学15年の研究をもとに「科学的で精密な鑑定」を「親切」に行うこ
とをモットーにしております。電話、FAX、メール24時間対応しております。

経済産業省登録・中小企業診断士。近代経営研究所・所長

平成26年に根本先生がご逝去された為、現在筆跡鑑定のご紹介は行っておりません。

                                      
 相続手続サポート・みなみ司法書士合同事務所
 司法書士 高良 実





相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。















相続手続サポート
みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 筆跡鑑定のご案内とアドバイス























遺産相続の手続

専門家ネットワ-ク

相続不動産の評価

小規模宅地の特例

相続税の増税改正

孤独死の相続手続

相続不動産の売却

知っておきたい
相続の基礎知識

法定相続人

法定相続分

遺留分とは

遺産分割の方法

相続税の基礎控除

相続税の計算方法

特別受益とは

寄与分とは

自筆証書遺言の作成

公正証書遺言の作成

相続放棄とは

限定承認とは

遺言執行者の指定

相続税の節税レポート

相続預金の手続方法

遺言の法的効力

遺言で効力がある事項

相続とは?

相続の対象財産

遺言の種類

遺言の取消し方

相続法律相談のご案内

筆跡鑑定のご案内

相続不動産の名義変更

換価分割と登記手続

相続と空き家の注意点

相続税の配偶者控除

死亡による諸手続

死亡診断書の作成

死亡届

通夜・葬儀の流れ

生命保険金の請求

準確定申告

年金・埋葬料の請求

相続の名義変更・届出

江東区の相続手続相談


裁判手続と法律

相続に関する主な裁判

全国の公証人役場

全国の家庭裁判所

民法 親族編

民法 相続編

墨田区の相続無料相談

相続の最新情報

タワーマンションと節税

居住用財産の3000万控除

相続に関する法律の改正

みなみ司法書士合同事務所

法定相続情報証明制度


 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。



 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。