>相続放棄の申立





相続放棄の申立

相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄手続。




1 相続放棄の申立とは?

 相続が開始した場合,相続人は次の三つのうちのいずれかを選択できます。@相続人が
被相続人(亡くなった人)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純
承認,A相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄又はB被相続人の債
務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によっ
て得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認。相続人が,Aの相続放棄
又はBの限定承認をするには,家裁判所にその旨の申述をしなければなりません。ここで
は,Aの相続放棄について説明します。



2 相続放棄の申立人

 相続人(相続人が未成年者(成年被後見人)である場合には,その法定代理人が代理し
て申述します。)未成年者と法定代理人が共同相続人であって未成年者のみが申述すると
き(法定代理人が先に申述している場合を除く。)又は複数の未成年者の法定代理人が一
部の未成年者を代理して申述するときには,当該未成年者について特別代理人の選任が必
要です。



3 相続放棄の申述期間

 申述は,民法により自己のために相続の開始を知ったときから3か月以内にしなければ
ならないと定められています。



4 申立先

 被相続人の最後の住所地の家庭裁判所



5 申立てに必要な費用

 申立人(申述人)1人につき収入印紙600円,連絡用の郵便切手



6 申立てに必要な書類

 ア 申立書1通
 イ 申立人(申述人)の戸籍謄本1通
 ウ 被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票各1通



7 その他

 相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財
産の状況を調査してもなお,相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場
合には,申立てにより,家庭裁判所はその期間を伸ばすことができます。






相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 相続放棄の申立















 相続不動産の売却

 ホーム・新着情報







 相続の主な裁判手続


後見開始の審判


保佐開始の審判


補助開始の審判


不在者財産管理人選任


失踪宣告


養子縁組


特別養子縁組


死後離縁


特別代理人の選任


未成年後見人の選任


相続放棄の申立


限定承認の申立


相続財産管理人の選任


特別縁故者の財産分与


遺言書の検認


遺言執行者の選任


戸籍訂正


任意後見監督人の選任


遺産分割調停


遺留分減殺の返還請求


嫡出否認


親子関係不存在確認



 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。




 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。