>遺言書の検認





遺言書の検認

遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造変造を防止するための検認手続。




1 遺言書の検認とは?

 遺言書(公正証書による遺言を除く。)の保管者又はこれを発見した相続人は,遺言者
の死亡を知った後,遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して,その「検認」を請求しなけ
ればなりません。また,封印のある遺言書は,家庭裁判所で相続人等の立会いの上開封し
なければならないことになっています。
 検認とは,相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに,遺言書の形状,
加除訂正の状態,日付,署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書
の偽造・変造を防止するための手続です。遺言の有効・無効を判断する手続ではありませ
ん。



2 遺言書の検認の申立人

 遺言書の保管者,遺言書を発見した相続人



3 遺言書の検認の申立先

 遺言者の最後の住所地の家庭裁判所



4 申立てに必要な費用

 遺言書(封書の場合は封書)1通につき収入印紙600円,連絡用の郵便切手



5 申立てに必要な書類

 ア 申立書1通
 イ 申立人,相続人全員の戸籍謄本各1通
 ウ 遺言者の除籍(戸籍)謄本,改製原戸籍謄本(出生から死亡までのすべての戸籍謄
   本)各1通
 エ 遺言書の写し(遺言書が開封されている場合)






相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成など、お気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

page 遺言書の検認















 相続不動産の売却

 ホーム・新着情報







 相続の主な裁判手続


後見開始の審判


保佐開始の審判


補助開始の審判


不在者財産管理人選任


失踪宣告


養子縁組


特別養子縁組


死後離縁


特別代理人の選任


未成年後見人の選任


相続放棄の申立


限定承認の申立


相続財産管理人の選任


特別縁故者の財産分与


遺言書の検認


遺言執行者の選任


戸籍訂正


任意後見監督人の選任


遺産分割調停


遺留分減殺の返還請求


嫡出否認


親子関係不存在確認



 当事務所では、相続関
 係書類の取り寄せから、
 相続人の特定、遺産分割
 協議、不動産の名義変更
 に至るまで相続の手続全
 般を親切・丁寧にサポー
 ト致します。
 まずは、お気軽にお問合
 せ下さい。




 当事務所は、東京都
 墨田区錦糸町に事務所を
 置き、主に墨田区、
 江東区、東京、埼玉、
 千葉、神奈川にて営業し
 ています。上記以外の地
 域も対応可能ですのでお
 気軽にお問合せ下さい。